上京する理由は何だった?「東京への憧れ」それが理由だっていいんじゃない?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

「上京したいけど、そんなに立派な理由がない。どうやって周りを説得しよう…」。 そんな悩みはありませんか。

実は「東京に憧れているから」だって立派な上京の理由です。 でも、親に上京したい理由を説明する時や会社の面接で「東京で暮らしたいから」とだけはちょっと言いづらいですよね。

今回は上京したことがある人たちがなぜ上京したのか理由を調べてみました。あわせて親や会社に上京の理由を尋ねられた時にどう答えればいいのかについても考えます。

1.上京経験者の主な上京の理由

まずは現在、上京して東京に住んでいる先輩たちがどんな理由で上京したかについて見てみましょう。

上京の理由で一番多いのは、進学ですが、東京に住んでみたかった、環境を変えたいといった理由で上京する人も多いです。

1-1.進学

やはり、1番多いのは進学です。地方に比べると大学も専門学校も数も多く、幅広い分野の学校がそろっています。

国の調査結果「東京一極集中の動向と要因について

1位は「東京に進学したい大学や専門学校があったから」となっています。

「地元に進学したい大学や専門学校がなかった」との回答も。やはり学校の数が多く選択の幅が広いのは魅力ですよね。

1-2.東京で働きたかった

就職のために上京する人も多いです。有名な大企業の本社はほとんどが東京ですし、さまざまな分野、業種の会社や仕事があります。

やはり東京の求人数は地方に比べると桁違いに多く、給与や福利厚生などの条件のいい仕事も多い。働くなら、条件が良く、チャンスの多い場所で働きたいと思うのは自然なことです。

1-3.東京で夢をかなえたい

歌手や俳優を目指したい、漫画家や小説家になりたい…。自分の夢をかなえるために上京する人もいます。

有名な芸能事務所や大手の出版社は東京に集中していますし、夢をかなえるための第一歩が上京すること、という地方出身者も多いでしょう。

地方にいるよりは東京に住んだ方が夢をかなえるためのチャンスが多いのは間違いありません。

1-4.環境を変えたい

親元を離れて自立したい、地元の狭いコミュニティーのしがらみから離れたいといった理由で上京する人もいます。田舎の地元に息苦しさを感じて都会で生活してみたいという人も多いでしょう。

国の調査結果「東京一極集中の動向と要因について

「地元や親元を離れたかった」も上京した理由の上位にランクインしています。

地元で生活し続けると自分の成長が止まってしまいそうだと思うのであれば、チャンスも出会いも多い東京に住んで環境を変えるのも現状を変える一つの方法です。

1-5.東京に住んでみたかった

テレビや雑誌で紹介される東京に憧れて「東京に住みたい!」と思う人も多いのではないでしょうか。

おしゃれなカフェやお店がならぶ街はもちろん懐かしさを感じるレトロな街など東京はいろいろな顔を持っています。

また、展示会やコンサートなども地方に比べれば多く開催されており、趣味を楽しむにも東京は魅力的な場所です。「芸能人に会いたかった」という人も結構多いです。

1-6.結婚のため、恋人が東京にいる

地元で付き合っていた人が上京した、東京の学校を卒業していったんは地元に戻ったけど、恋人が東京にいるという人も多いようです。

結婚するために上京を決意する人、恋人の近くで生活したいと上京するケースもあります。地元と東京での遠距離恋愛は精神的にも金銭的にも続けていくのはやはり大変でしょう。

一緒に住みたい、近くにいたいというのは理解できます。

2.上京の理由を親や会社の面接でどう答える?

主な上京の理由を見て、どう思いましたか? 進学や就職、夢をかなえたいといった真剣なものから、「え?そんなのでいいの?」と思ってしまうようなものまで上京の理由はさまざまです。

先述の

東京一極集中の動向と要因について」でも約3割の人が上京の理由として「都会への憧れがあった」と回答しています。

3割といえば全体の約3分の1ですから、割と多くの人が大都会の東京に憧れて上京したことが分かります。東京に憧れていて住んでみたいというのも上京する理由としてはアリ、ではないでしょうか。

ただ、「恋人が東京にいるから」「東京に憧れていて」といった理由では親を説得するのは厳しいでしょうし、会社の面接でそのまま伝えて採用されるのは難しいでしょう。

親や会社の人の立場になって考えてみると分かると思います。憧れや楽しそうだからという理由だけでは嫌なことがあったり、失敗したりした時に簡単に地元に帰ってしまうのではと思われても仕方がありません。

では、どう伝えればいいのか。「東京で成長したい、チャレンジしたい」という気持ちを話すといいでしょう。

東京は世界有数の大都市で、多くの物やさまざまな価値観を持った人、最先端の情報や技術が集まる場所です。上京して地元にいては学べないことを学び、経験して成長したいという前向きさが大切です。

そして、東京は楽しいだけの場所ではないこともしっかり理解して覚悟することも必要です。夢はかなわないかもしれないし、頼る人のいない東京での生活はきついこともあるはず。その覚悟も伝えてください。

学校や会社の面接であれば、東京で成長したい、チャレンジしたいというほかに「なぜこの会社(学校)なのか」も説明できることが大事です。

「なぜこの会社(学校)なのか」が説明できないようでは「じゃあ、東京ならどこでもいいよね」と思われてしまい、採用(合格)はされない(できない)でしょう。

3.まとめ 上京しないと後悔すると思うなら

この記事をここまで読んでくれたあなたは、「東京に住みたいくらいの軽い気持ちが上京の理由になるのかな?」「親を説得できるか自信がない」と思っているのかもしれませんね。

上京したい動機はフワフワしたものかもしれませんが、そのまま地元にいてもいいのか、上京しなかった場合、あの時、上京しておけばよかったと後悔しないかをじっくり考えてみてください。

東京は楽しいだけの場所ではありませんし、上京してもすべて思い通りにはいかないはずです。夢も絶対にかなうわけでもありません。

それでも上京したいと思えるでしょうか。 それでも地元を離れて上京したいのであれば、ぜひチャレンジしてほしいと思います。

上京したとしても、将来、何かしらの事情で地元にUターンするかもしれません。未来のことは誰にも分らないのです。

でも、東京で経験したこと、学んだことは地元に帰ったとしても残ります。東京で学んだことや経験は無駄にはならないはずです。

今は夢がなくても、多種多様な人やモノが集まる東京で夢を見つけることができるかもしれません。 地元から出て、東京で生活してみて地元の良さが分かったという人も大勢います。上京して東京で生活してみて初めて分かることもあるはずです。

人生は一度きり。上京しないで後悔するよりは上京して後悔する方がいいはずです。 上京したいと思うのであれば、勇気を出して、一歩踏み出してほしいと願っています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

今すぐ部屋探しをしたい人へ!

「物件コンシェルジュ」というサービスを始めました。


まずは、下記のお問い合わせフォームからお問い合わせ下さい。

最短で、最適なお部屋探しをするためのパートナーを紹介します。



物件コンシェルジュについて詳しく見る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*