「お金はない。でも上京したい」を叶える!上京費用の節約方法を伝授

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

東京で一人暮らしを始めるためにはいくらかかるか知っていますか?

この記事では「上京したいけどお金がない」という人に向けて、上京するためにかかる費用と上京するための費用を安くする方法をお伝えします。

上京したいのにお金がなくて不安かもしれませんが、具体的にいくらかかるのか、どうしたら安くできるのかが分かれば、準備もできますね。

上京した後の生活費の目安についても掲載しましたので、上京後の生活をイメージするのに参考にしてください。

上京するのにはさまざまな不安があると思いますが、この記事がお金の不安を解消するヒントになれば幸いです。

上京するのにかかる費用と安くする方法

上京して一人暮らしを始めるのにはいくらくらいかかるのでしょうか。

まずは部屋を借りて生活できるように家電などを買いそろえる費用として約50万円、引っ越した後の生活費1か月分の16万円の合計65万円が目安になります。

一人暮らしの費用については

一人暮らしの費用|目安は初期費用50万円・生活費16万円!

も参考にしてみてくださいね!

上京する際にかかる費用としては主に以下の4つがあります。

  1. 部屋の初期費用
  2. 引っ越しの費用
  3. 家電、生活用品などの購入費
  4. 上京する際の交通費

それぞれいくらくらいなのかの目安と安くする方法をご紹介します。

こちらの記事も上京の費用を安くするコツが書いてあるので、ぜひ読んでみてください。

上京費用を最大10万円節約!かかる金額の目安や節約の4つのコツも紹介

目指せ50%オフ!一人暮らしの初期費用を節約するコツ

部屋の初期費用

普通に賃貸物件の部屋を契約する際には家賃の4~6か月分のお金が必要になります。 初期費用には敷金、礼金、仲介手数料、前家賃、保険料、鍵の交換費用などが含まれています。

公益財団法人不動産流通推進センターがまとめた「不動産業統計集」によると、2019年3月の東京圏のワンルームの家賃相場の平均は約7万3000円です。

参考:https://www.retpc.jp/wp-content/uploads/toukei/201909/201909_4chintai.pdf

ですから、この場合は最低7万3000円×4か月=29万2000円はかかると見積もりましょう。 もちろん、もっと家賃が安い部屋を探せば費用はもっと安くなります。

初期費用の節約方法

部屋を借りる際の初期費用や家賃を安くする方法は以下の通りです。

  • 初期費用の安い部屋を探す

初期費用のかからない部屋を探すコツは敷金、礼金、仲介手数料が安い部屋を探すことです。ネットや複数の不動産屋さんで情報を集めてしっかり比較しましょう。

時間や手間はかかりますが、部屋の初期費用は大きいので安くできれば大幅な節約になります。

ほかにはフリーレントという入居してからの家賃が一定期間無料(家賃2か月サービスなど)の物件もあるので、条件に合えば検討の価値ありです。

  • シェアハウスを探す

リビングやキッチンなどを共有しながら、個室で暮らすシェアハウス。敷金や礼金、仲介手数料などが不要で、一般的には家賃と保証金のみ(およそ10-15万円程度)の資金があれば、入居することができます。

家具や家電も備え付けなので、家具、家電の購入費用も節約できます。他人との共同生活になるので、向き不向きはありますが、上京のコストを減らす方法として考えてみましょう。

シェアハウスを探す場合は専門サイトが便利です。

おすすめサイトを取り上げている

初心者が最初に見るべき8つのシェアハウス物件専門サイト

で調べてみてください。

東京への引っ越しの費用

ここ数年は人手不足もあり、引っ越しの費用は高くなってきています。2018年3-4月の単身者の引っ越しに平均で約9万円かかったというデータもあります。

参考:https://hikkoshizamurai.jp/report/moving-expenses/

繁忙期か閑散期という時期や引っ越す距離によっても費用は大きく変動しますが、業者によっても違うので、まずはネットなどで見積もりを取りましょう。

一人暮らしの引っ越し相場はいくら?節約する方法や値引き交渉術も紹介!

でも引っ越しを安くするための方法を詳しくご紹介しています。

引っ越し費用の節約方法

引っ越しの費用を安くするポイントは主に2点です。

1.繁忙期を避ける

就職や進学、異動の時期にあたる3-4月は繁忙期です。繁忙期に引っ越すと費用は高くつきます。場合によっては2倍の費用がかかることも。

繁忙期を避け閑散期に引っ越すだけでも引っ越し代を安くすることができます。

2.なるべく自分で引っ越す

初めて一人暮らしを始めるのであれば、上京の際の荷物を最小限にして上京してから徐々に必要な物をそろえるのも一つの方法です。

最低限の着替えなど先に宅急便で送れるものは送ってしまえば引っ越しの荷物を減らすことができます。

家具家電などの費用

最低限必要だと思われる家具、家電の費用を見てみましょう。

  • 家具 寝具、カーテン、テーブル
  • 家電 テレビ、冷蔵庫、洗濯機、炊飯器、電子レンジ

があげられます。15万円程度をみておくとよいでしょう。

家具家電の節約方法

家具や家電は一度に買い揃えなくても大丈夫です。 寝具、カーテンはすぐに必要ですが、テーブルは無くても生活はできます。

家電も一人暮らしであれば洗濯物はそれほど出ないのでコインランドリーで済ませることもできますし、炊き方さえマスターすればご飯は鍋でも炊けるので炊飯器も絶対に必要というわけではありません。

生活していく中で、なければ生活できない、不便だと感じたら揃えていけばよいでしょう。

上京時の交通費

現在住んでいる場所によっても上京するための交通費は違ってきます。 仕事を探し、部屋を探して上京するのを考えると地元と東京を2往復程度はする必要があります。

空路しかない場合は数万円の出費になります。

上京時の交通費の節約方法

おすすめは夜行バスやLCCを使うことです。また新幹線や大手の航空会社でも早めに予約すれば安くすることができます。早めにスケジュールを決めて、予約するようにしましょう。

東京―地方間の交通費を安くする方法は

帰省の交通費を節約したい!新幹線・夜行バス・LCCを1円でも安く利用する方法

で詳しく紹介しています。

上京した後の生活費の目安は?

総務省統計局の家計調査(2018年)によると、単身世帯(一人暮らし)の平均支出は16万2833円となっています。

この額は平均値なので、節約できれば安くできますし、住む場所によってはもっとかかることもありますが、16万円を目安にすればいいでしょう。

参考:http://www.stat.go.jp/data/kakei/sokuhou/tsuki/pdf/fies_gaikyo2018.pdf

1.家賃

地方と比べると東京の家賃は高いです。東京圏のワンルームの家賃は7万円程度が平均といわれています。東京でも場所によって家賃は違ってくるので、しっかりと情報収集をしましょう。

毎月の支出で一番大きいのは家賃。家賃を抑えることができれば、家計にもゆとりがでますね。

家賃相場の安い穴場エリアを探そうとするなら

東京に住むならココ!家賃相場が安いオススメ穴場エリア10選

の記事が役立ちます。ぜひ、チェックを。

2.食費

一人暮らしの一か月の食費の平均は約4万円程度といわれていますが、節約してもっと減らすこともできます。朝、昼、晩と自炊ができれば月に2万円代に抑えることも可能なはず。

とはいえ慣れないうちは無理をせず、ご飯とみそ汁は自分で作りおかずは総菜を買うなどできる範囲から始めても大丈夫です。

食費を押さえる方法や一人暮らしの料理の参考になる記事もあります。こちらも参考にしてください。

3.水道光熱費

一人暮らしの水道・光熱費の平均は1万2000円程度です。

電気料金のプランを見直してお得なプランにしたり、使わない家電のプラグを抜いたりエアコンの温度の設定をチェックしたりして無駄な電力を使わないようにしましょう。

ガス代と水道代のかかるシャワーも温度設定を低くし、こまめに止めるなど毎日の心掛けで節約できます。

水道・光熱費の節約についてはこちらの記事

目安は約7千円!東京での一人暮らしにかかる光熱費と節約方法

で詳しく書いてあります。

4.その他の生活費

スマホ代や交通費などの通信・交通費の支出の平均は2万2000円程度です。そのほか個人差はありますが、交際費、洋服代、医療・保険費などにもあと数万円は必要になります。

格安スマホを利用するなど節約する方法もあります。

一人暮らしの節約術については

一人暮らしの超節約術|通信費・光熱費・食費から手をつける!

も参考に。

まずは地元で資金を貯めるのがおすすめ

上京したいけどお金がない場合、まずは地元で上京費用を貯めることをおすすめします。 部屋を借りる際の費用と上京してからの1か月分の生活費として65万円が目安です。

1か月に6万円貯金できれば1年で達成できますよ。

すぐに上京したいなら住み込みの仕事を探す

お金がないけど、どうしてもすぐに上京したいというのであれば住み込みの仕事を探すという方法もあります。

また、シェアハウスなどの住まいと仕事を紹介してくれる上京支援サービスを利用するの方法もあります。

まとめ

お金がないからと上京を諦められますか? きっとこの記事を読んでいる方は諦めたくないと思っているはずです。 お金がなくても上京する方法もあれば、費用を切り詰める方法もあります。

上京して新しい生活を始めたいと思うのであれば、情報を集めたり貯金をしたりと今からできることはたくさんあります。上京してチャレンジしたいという気持ちをぜひ大事にしてください。

東京アパート編集部では上京したい人を全力応援しています。 こちらの記事も上京の費用を安くするコツが書いてあるので、ぜひ読んでみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

今すぐ部屋探しをしたい人へ!

「物件コンシェルジュ」というサービスを始めました。


まずは、下記のお問い合わせフォームからお問い合わせ下さい。

最短で、最適なお部屋探しをするためのパートナーを紹介します。



物件コンシェルジュについて詳しく見る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*