上京あるある16選!地方出身なら誰もが共感できるものを集めました

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

地元から東京に出てきて初めての一人暮らし。今まで当たり前だと思っていたことがそうでもなかったり、都会のイメージと現実が実際の東京が少し違っていたり…。

地方出身者なら誰もが共感できる選りすぐりの「上京あるある」を16個集めました! これから東京で新生活をスタートさせる方はぜひ参考にしてください。

1.上京あるある 新生活・引っ越し編

1-1.東京=流行の最先端、何でもある、というワクワク感

いよいよ東京での新生活、それも初めて一人暮らしをする人なら、地元に無いものでも、東京に行けば何でもある、と期待に胸を膨らませるものです。

1-2.都会の人は冷たい、という先入観

ワクワク感のある一方で、「都会の人は冷たい」「都会は犯罪が多くて危ない」というイメージを刷り込まれている人も地方にはたくさんいます。

でも、しばらく生活しているうちに「東京にも親切な人はたくさんいる」ということに気づきます。

1-3.家賃が高い(しかも狭い)

家賃相場は東京と地方で大きな差があります。駅から近く築浅の物件ならワンルームでもかなり高額。「同じ金額出したら実家の近所の3LDKに住めるんだけど」と思ってしまいます。

1-4.民放のチャンネルが多い

引っ越しが無事終わって、テレビをつけてまずびっくりするのが民放チャンネル数の多さ。

日本テレビ、テレビ朝日、TBS、フジテレビは地元でも視聴できる人が多いかと思いますが、さらにテレビ東京と東京MXも映ります。

2.上京あるある 交通・移動編

2-1.みんな歩くスピードが早い

電車を降りた後の人の流れが地元と全然違う!と感じる方も多いのでは。人通りの多い場所は特にそれを体感できます。

東京の歩く人のスピードに慣れてしまうと、地元に帰ったときに人の流れがゆっくりすぎて逆に驚くことも。

2-2.電車がすぐ来る

これも昔からよく言われること。地方だと電車が1時間に1本しか来ない地域も多くありますが、東京では数分に1本。

「待合室で電車を待つ」ということはまずありません。

2-3.東京メトロと都営地下鉄で混乱

これも上京したてのころにありがちなこと。都営地下鉄と東京メトロ、どちらも同じ地下鉄ですが運営元が違うため、同じきっぷで乗ることはできません。

都営地下鉄とメトロを乗り換えする駅では注意しましょう。上京をきっかけにSuicaやPASMOといった交通系電子マネーを使い始めるのもアリです!

3.上京あるある 街なか編

3-1.高層ビルに驚く

上京したての頃、高い建物が視界に入ってきて思わず見上げた経験は地方出身なら誰しもあることでしょう。 特に新宿区や港区などのオフィス街は高さ200m超えのビルが多く立ち並びます。

3-2.有名人に会うかも!と思ってしまう

地方と違って、都内には有名人がたくさん住んでいます。

そのため「街を歩いてたら有名人を見かけちゃうかも!」と期待する人も少なくないはず。街頭でテレビの撮影をしている現場に出くわすことも珍しくありません。

このほか「街頭インタビューされる可能性」や「スカウトされる可能性」についても頭をよぎる人が多いのではないでしょうか。

3-3.外国人の多さに驚く

2014年頃から訪日外国人観光客が急増。2020年の東京オリンピックを控え世界各国の人々が東京に集まってきています。上京したてとは言え、日本人なら道を聞かれることも。

3-4.東京都内全域が都会ではないことに気づく

東京=大都会のイメージが強いですが、絵に描いたような大都会はあくまで新宿、渋谷など主要ターミナル駅周辺の話。

特に東京西部(八王子・多摩)はクルマ社会な上、自然も多く「地元に似てる」と感じる人も多いかもしれません。

4.上京あるある 方言・地元編

4-1.「これって方言だったんだ…」

今まで何気なく使っていた言葉が通じなかったり、イントネーションが少し違ったりして「あ、いまの方言だね!」と指摘を受けることは、特に東北・北関東・九州出身の人なら頻繁にあります。

標準語じゃなかったんだ、とそこで知ることになります。

4-2.「これ売ってるの地元だけだったんだ…」

こちらも東京のスーパーなどで、いつも地元で買えた商品がなかったりして初めて知ることになります。

てっきり全国区だと思っていたら、地元企業が一生懸命作っていた製品だとわかると、ますます応援したくなりますよね。

4-3.(寒冷地出身)ゴキブリについて予習する

北海道や青森、岩手、秋田など北東北地方では、「ゴキブリを見たことがない」という人がたくさんいます。

東京でゴキブリと対峙するときに備えて、Wikipediaでゴキブリについて調べておく人が多いそうです。

4-4.同じ県・同じ地方出身の人がいると安心する

東京で出会う人の中でも、何となく心強いのはやっぱり同じ都道府県出身の人。

東北出身同士、四国出身同士など、出身地方が一緒なだけでかなり親近感がわきます。

4-5.家族のありがたみを知る

一緒に生活していると気づかなかったけれど、地元を離れたことであらためて家族の大切さに気づいた、という人も。時間を作って地元に帰省したくなりますね。

帰省時の交通費をちょっとでも節約したいのであれば、こちらの「帰省の交通費を節約したい!新幹線・夜行バス・LCCを1円でも安く利用する方法」記事が参考になります。

各種交通機関のお得な利用方法をチェックしておきましょう。

5.まとめ

憧れの東京生活、地元を離れたからこそ気がつくことはたくさんあります。東京での暮らしを通じて、地元のよさや地域の特性にも気づけるはず。

これらの上京あるあるが、今後上京する人の参考になれば幸いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

今すぐ部屋探しをしたい人へ!

「物件コンシェルジュ」というサービスを始めました。


まずは、下記のお問い合わせフォームからお問い合わせ下さい。

最短で、最適なお部屋探しをするためのパートナーを紹介します。



物件コンシェルジュについて詳しく見る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*