賃貸物件を探すとき、提示されたままの家賃で契約するのが当たり前だと思っているのなら、それはとてももったいない話です。

交渉次第では家賃を5000円下げてもらえたり、敷金礼金を減らしてもらえることは十分にあり得ます(ちなみに筆者は新居契約時と更新時で都合2回成功しています)。

とはいえ部屋探しで不動産会社を訪れ、いきなり営業マンに「家賃下げて!」と言うのはあまりにも無謀な話。交渉にはちょっとしたコツがあるんです。交渉のテーブルにつく前に、まずは交渉を有利に運ぶための材料を集めておく必要があります。

この記事に書かれている下準備と交渉術のコツを取り入れれば、家賃交渉の成功率は大幅にアップするはずです!

続きを読む