引越しの準備はチェックリストと引越れんらく帳で効率アップ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

物件が無事に決まり、いざ引越しの準備を始めようと思ったものの、やるべきことがありすぎて(やるべきことが全くわからなくて)、何をいつまでにやっておけばいいのか迷ってしまいますよね。

そんなときの強い味方となるのが「引越しチェックリスト」です。引越し決定後から引越し後までの期間でやらなくてはいけない各種手続きがリスト化されているから、ど忘れ防止に一役買ってくれます。

この記事では印刷できて使い勝手のよい引越しチェックリストを3つ取り上げるとともに、住所変更の手続きを簡略化できる「引越しれんらく帳」というサービスの使い方を紹介していきます。

1.印刷して使える引越しチェックリストはこの3つで十分

「引越し チェックリスト」と検索した方なら、すでにいくつか目を通されているかもしれませんが、ちょっと調べただけでも色々な形式の引越しチェックリストを見つけることができます(ネットって便利ですね!)。

それらの中でも特に引越し・住まいのプロ(引っ越し業者、不動産屋、物件情報サイト)が作成されたチェックリストは、必要な情報が完璧に整理、網羅されていて間違いがありません。

さらに印刷するのに便利なPDF版も用意されていますサイトもあります。引越しが決まったら一枚プリントアウトしておくと、すべきことをいつでも見られるので便利です。

次の3つのチェックリストは、見やすさ、分かりやすさ、情報量の全てにおいて文句のつけようがない完成度。どれか1つ印刷しておけば十分ですが、全部印刷してそれぞれを比較してみるのもアリでしょう。

1-2.日通|引越しチェックリスト

moving-checklist-01

「引越しは日通」でおなじみの日通のホームページ内に、引越しチェックリストがあります。「すぐにできること」「10日前までにすること」「1週間前までにすること」といった感じで、いつやるべきなのかを明確にしてくれているので、段取りを組み立てやすい。

サイトで掲載されているリストを、A4用紙1枚で印刷することができます。

日通|引越しチェックリスト PDFデータダウンロードはこちら

1-3.ズバット 引越し比較|引越し手続き&作業 チェック表

moving-checklist-02

引越し見積もりサイト「ズバット 引越し比較」で提供されている引越しチェックリストです。

このリストの秀逸な点は、時期・手続き内容・手続き先・手続き方法と細かく記載されている上に、注意点や作業のコツも書かれていること。これが意外と助かります!!

ズバット 引越し比較|引越し手続き&作業 チェック表 PDFデータダウンロードはこちら

1-4.ノムコム|引越しチェックリスト

moving-checklist-03

野村不動産アーバンネットが運営している不動産売買・住宅情報サイトが提供している引越しチェックリストは、引越し決定後から引越し後に渡ってすべきことをシンプルにリスト化されていて見やすいのが特徴です。

ノムコム|引越しチェックリスト PDFデータダウンロードはこちら

2.引越しの準備は「段取り力」で差がつく

チェックリストに一度目を通してみてください。初めて引越しを行う方など特に面食らうかもしれませんが、やらなくてはいけないことが意外とたくさんあります(引越し後にもやることがあります!)。

2-1.引越し日と引越し方法を決める

引越しすることが決まったら最初にやるべきことは「引越し日を決めること」と「引越し方法の検討」の2つです。

引越し日は引越し先の物件の契約や、ご自身の都合次第ですが、準備期間に1ヶ月は見ておきたいところです。

2-2.1ヶ月間の段取りを組み立てる

引越しに向けてやるべきことは多岐に渡ります。また、賃貸住宅の解約やインターネットの移設手続きなど、早めにやっておかないと支払いの重複期間が長くなって金銭的に損してしまうことも…。

チェックリストを参考に1ヶ月の期間で「この手続き(作業)は◯日にやる」と予定を入れていきましょう。

特になかなか時間が取れない一人暮らしで会社勤めの方は、余裕を持ったスケジュールにしておくことをおすすめします。

2-3.早めに対処しておくべき手続き内容

住宅や駐車場の賃貸契約の解約

契約書の内容にもよりますが、入居者から解約を申し出る場合は1ヶ月前に伝えるのが一般的です。もし解約の意思を伝えるのが遅くなる分だけ、現住居と引越し先で家賃の支払いが重複してしまう期間が長くなってしまう可能性が出てきます。

引越しに関する出費を抑えたいのであれば、引越し決定後できるだけ早く管理会社(大家さん)へ連絡を入れましょう。

粗大ごみの申込み

引越しをきっかけに粗大ごみを処分しようと考える方は多いと思いますが、取捨選択と申込みの連絡は早めに行いましょう。

申込みからごみ収集日までかかる日数は各自治体によって異なるものの、長いところでは2週間も待つ地域があります(地方ですと大体1週間位のようです)。

引越し当日の1週間前から荷造りを始めて、その時粗大ごみの存在に気がついても手遅れ。引越し先で処理するしかありません。

3.手続きを大幅に省ける「引越れんらく帳」が超便利!

moving-checklist-04

引越れんらく帳とは10年以上前(平成16年)から実施されている東京電力のサービスで、現住所と引越先住所を登録すると、電気・ガス・水道などの公共サービスの住所変更手続きを一括で行うことができます。

さらに、提携しているか確認する必要がありますが、銀行、ネットプロバイダー、携帯電話会社なども一部サポートされています。

利用するには無料の登録が必要です。

3-1.登録方法|マイれんらく帳の作り方

1.トップページ右側にある「マイれんらく帳を作る」をクリック。一括手続きを行いたい項目にチェックを入れて、現住所と引越し先住所を入力したら「次へ」をクリックします。

moving-checklist-05

2.確認したい項目にすべてチェックを入れたら「次へ」をクリック。なお一括手続きに対応している事業者には「対応」という黄色のアイコンが、対応していない事業者には「未」という青色のアイコンがついています。

moving-checklist-06

3.一括で伝える事業者の連絡先を確認したら「次へ」をクリックします。一括手続き未対応なところは記載されている「住所変更届け先」へご連絡・お問い合わせください。

moving-checklist-07

4.個人情報、引越し元・引越し先の住所、送付先の住所、パスワード(ログイン時に必要です)を入力し、個人情報取扱規約に同意したら「次へ」をクリックします。

moving-checklist-08

5.入力した情報に間違いがないか確認したら「確認」をクリックします。

6.手続き完了画面が出たらマイれんらく帳の完成です。申込番号とIDは念のため控えておいてください。

moving-checklist-09

3-2.利用方法|ログインから手続き完了まで

1.トップページからログインしてIDとパスワードを入力します。

moving-checklist-10

2.事業者に連絡をするときは「申込み」をクリックし、各項目を入力していきます。例えば電力会社だったら申込み者情報、電気の使用停止について、電気の使用開始についてを入力します。

moving-checklist-11

3.一括手続き非対応の事業者については、連絡状況のチェックリストになっています。

moving-checklist-12

4.事業者を追加したいときはログイン中画面上部の「引越連絡先事業者追加」を選択。以後はマイれんらく帳を作るときの流れと同じです。

moving-checklist-134.まとめ

荷造りや役所への各種届出など、引越しの準備は思ったよりも大変です。どんなに早く取りかかっても早すぎるということはありません。引越し当日から逆算して1ヶ月前から動き出せるようにはしておきたいですね。

この記事で取り上げたチェックリストや「引越れんらく帳」を活用して、効率よく準備を進めていきましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*