一人暮らしの引っ越し相場はいくら?節約する方法や値引き交渉術も紹介!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

一人暮らしを始めるにあたって、引っ越しにかかる費用は結構かかるもの。同じ距離、同じ荷物の量でも、引っ越し業者によって数万単位で価格が変わってきます。

自分で何もかも準備しなければいけない一人暮らしの方にとっては、費用感や段取りなど、不明点も多いことでしょう。

この記事では、一人暮らしの引っ越し費用の相場から、節約方法、どのように交渉すれば値下げが可能か、といった情報をまとめました。ぜひ最後までお読みください。

1.一人暮らしの新生活にかかる費用

新しい環境に身を置くとなると何かとお金がかかります。最低限何にどのくらいかかるのかについて確認しておきましょう。

1-1.初期費用は50万円前後

引っ越し代の他、最初に揃える家具・家電、不動産にかかる費用などを合わせると、およそ50万円が目安になります。

初期費用や毎月の生活費の目安については「一人暮らしの費用|目安は初期費用50万円・生活費16万円!」でご確認ください。

1-2.新生活でかかる費用の内訳

ここからは、新生活の初期費用の内訳について詳しく解説します。

1-2-1.引っ越し費用

依頼する業者によって価格差が大きく生じます(数万円の差が出ることも)。かかる費用はどのくらいなのかを予め知っておくことが大切です。

「2.引っ越し費用の相場」でおおよその相場や見積もりサイトを紹介しますのでそちらをご覧ください。

1-2-2.家具・家電

生活家電や家具も一通り揃えることになります。必要なものを挙げておきます。

家電 テレビ、冷蔵庫、洗濯機、照明、炊飯器、電子レンジ
家具 ベッド、寝具セット、カーテン、テーブル

これらを最低限のスペックで揃えるとすれば、だいたい15万円ほどになります。

1-2-3.不動産関係

物件にかかる初期費用は、家賃の約4ヶ月分が目安です。家賃が月7万円の物件なら、初期費用は28万円前後となります。詳しくは「5-2.新しく住む場所の諸費用」で解説していますのでそちらをお読みください。

2.引っ越し費用の相場

実際に引っ越し日程が決まったら、ネット上の引っ越し比較サイトなどで一括見積もりをしてみましょう。
引っ越し業者によって、金額が2倍になったりすることもあります。一人暮らしの引っ越し作業にかかる費用はどのくらいなのかを予め知っておくことが大切です。

単身引っ越しの相場は3万円前後といわれています。同一市内(半径15キロ以内)であれば2万円〜3万円前後、同一都道府県内(半径50〜100キロ前後)であれば4万円前後が相場です。ただし、荷物の量や時期によって価格差が出てくるため、複数の業者に見積もりを依頼することを推奨します。

<おすすめの見積もりサイト>

引っ越し侍 https://hikkoshizamurai.jp/
LIFULL引っ越し https://www.homes.co.jp/hikkoshi/

3.引っ越し費用を安く抑えるコツ

3-1.引っ越し時期をずらす

実は繁忙期(3月4月)と閑散期(5月〜2月)とでは相場に2倍近い差があります。時期がずらせるなら閑散期の引っ越しを意識するだけでも節約になります。

3-2.自力で引っ越し作業をする

引っ越し業者に頼らず、自力で引っ越しをしてしまうのも一つの手です。ただし、冷蔵庫や洗濯機などの大きな家電には注意が必要です。ここからは自力で引っ越しをする手順について紹介しておきます。

3-2-1.レンタカー会社で軽トラックを借りる

軽トラックはレンタカー会社で貸し出ししています。相場は24時間借りても1万円以内、12時間なら4,000〜7,000円におさまります。大手レンタカー会社の場合は乗り捨て(引っ越し先の最寄り店舗に返却)できますので往復する必要はありません。

3-2-2.梱包資材の準備

【最低でも必要なもの】

  • ダンボール20枚前後
  • ガムテープ1個
  • ビニール紐1個
  • 太いマジックペン
  • はさみ
  • 新聞紙1日分

以上を用意しておきましょう。

また、現在住んでいる物件や引っ越し先の物件に傷をつけたりしないよう、床に敷く用の毛布も2〜3枚あると安心です。

3-2-3.人員の確保

冷蔵庫、洗濯機など大きい家具がある場合は自分以外に最低2人はほしいところ。狭い通路やドアを通る際は運ぶ人2人のほかに誘導する人が必要になります。

自分たちで引っ越し作業をする場合も、引っ越し業者に依頼する場合も、荷造りを効率よく行うことがスムーズな作業のカギとなります。

荷造りのコツは「初めての引越しもこれで安心!荷造りのコツ完全ガイド」の記事が参考になります。

4.引っ越し費用を安く抑えるコツ〜交渉編〜

複数の業者に見積もりをしてもらったあとは、交渉力が物を言います。ここからは、引っ越し費用をなるべく抑えるための交渉方法をお伝えします。

4-1.見積もり時はサービス内容をチェック

引っ越し料金にどこまでのサービスが含まれるのかは、業者によって異なります。作業料金は安価だけれど梱包資材は別料金の業者、引っ越しから1年以内の家具の移動は無料という業者、荷造りや荷ほどきまでやってくれる業者など、さまざまです。

見積もりしてもらった段階で、自分に必要なサービスがあらかじめ料金に含まれている業者2〜3社に絞り込み、その会社同士で価格競争してもらうのが最も効率的です。くれぐれも見積もり段階で即決しないようにしましょう。

4-2.価格交渉の手順

自分のニーズに合った会社を2〜3社に絞ったら、いよいよ価格交渉です。ここでポイントになるのは「他社の金額を公言して価格交渉をする」ということ。

たとえばA社で3万円、B社で4万円、という見積もり結果が出て、サービス内容や営業担当の安心感からB社にお願いしたいと感じた場合「A社では3万円だったのですが、私としてはぜひB社にお願いしたいんです、安くできませんか?」と言ってしまいましょう。実際に筆者が過去3回の引っ越しで成功した方法です。ぜひ試してみてください。

5.不動産関係で発生する費用

ここからは、引っ越し作業とは別でかかる、不動産関係の費用について確認します。

5-1.今まで住んでいた場所の家賃

引っ越し日が決まったら早めに不動産会社に連絡し、退去日を確定させましょう。契約内容によって退去する月も1ヶ月分まるまる請求になるのか、退去日までの日割計算になるのかは変わってきます。

5-2.新しく住む場所の初期費用

引っ越し先の物件を契約する際の初期費用について紹介します。目安としては家賃×4ヶ月分+1〜2万円(火災保険)です。家賃7万円の物件なら29万〜30万円程度をみておきましょう。

5-2-1.敷金

敷金は大抵の場合家賃1ヶ月分です。契約終了後の原状回復費用になる部分ですので、退去時に戻ってきます。

敷金をなるべく多く取り戻すために押さえておくべき情報は「【敷金返還】満額取り戻すために必要な基礎知識と具体的手段」で学ぶことができます。

5-2-2.礼金

礼金は家賃1〜2ヶ月分が目安です。新築物件などは2ヶ月分の場合が多い一方、礼金0円の物件も増えつつあります。大家さんへの謝礼金という位置付けなので返還はありません。

5-2-3.仲介手数料

不動産会社に支払う手数料です。最大で1.08ヵ月分という規定があります。不動産会社の自社物件の場合は手数料不要のケースもあります。

5-2-4.火災保険料

一人暮らしであれば1万円〜2万円程度。火災等あった場合に備えて加入する損害保険です。

5-2-5.その他諸費用

鍵交換費用で1万円程度負担する場合や、「24時間サポートサービスに15,000円前払いで加入必須」といった場合もあります。

不動産をはじめ、一人暮らしの初期費用を50%節約する方法をまとめた記事もあります。初期費用を極力抑えたい方は「目指せ50%オフ!一人暮らしの初期費用を節約するコツ」の記事をチェックしてみてくださいね。

まとめ

一人暮らしの引っ越し相場や、価格交渉、その他にかかる費用について紹介しました。

まずは複数の会社に見積もりを依頼し、引っ越しの距離や荷物の量から相場を知った上で、契約するようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

今すぐ部屋探しをしたい人へ!

「物件コンシェルジュ」というサービスを始めました。


まずは、下記のお問い合わせフォームからお問い合わせ下さい。

最短で、最適なお部屋探しをするためのパートナーを紹介します。



物件コンシェルジュについて詳しく見る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*