一人暮らしにぴったりな掃除機8選!予算2千円~5千円でもオススメあります!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ロボットタイプやコードレスのスティック型など、ここ10年で新しいタイプが次々と登場している「掃除機」。

一人暮らしの人にとっては「コロコロやフロアワイパーで十分でしょ」と、あまり関係ない話に思われがちですが、そんなことはありません! 

一人暮らしでも、やっぱり掃除機はあった方が断然いいんです!

最近は~5千円の価格帯でも使い勝手のいい掃除機がたくさん出ています。

この記事では、一人暮らしにオススメの掃除機ブランドとともに厳選した8製品をご紹介。

選ぶ際のポイントや、掃除機のタイプについても解説します。

後半は一人暮らしの掃除方法についても紹介します!

1.一人暮らしに掃除機は必要!

「掃除機が無くても生活できる!」と思われるかもしれませんが、ホコリや食べカス、髪の毛など、放っておくと床の上は結構汚れてしまうもの。

カーペット用のコロコロやフローリング用のワイパーでは目に見えない小さなホコリはなかなか綺麗にできません。数千円程度の安価なもので十分なので、掃除機を一台持っておくことをおすすめします。

2.一人暮らしの掃除機を選ぶポイント

実際に掃除機を選ぶ際の基準をチェックしていきましょう。

2-1.操作性

掃除機の操作性は、コードの有無で決まると言っても過言ではありません。近年の主流はバッテリーで動く「コードレスタイプ」。部屋を自在に行き来できて、コードが絡まったりする心配もありません。

一方、従来のコードありタイプのメリットはなんといってもそのパワーです。

「なるべく安価で吸引力も高いものを買いたい」とお考えなら、コードありタイプがベターです。

2-2.静音性

アパートやマンションに住む人なら、なるべく他の部屋に迷惑をかけずに掃除機をかけたいと思うもの。

使用時の音の大きさは「dB(デシベル)」という単位で、掃除機のスペックとして明記されています。

気になる人は「60dB以下」を選ぶようにしましょう。

3.一人暮らしにおすすめの掃除機のタイプ

一人暮らしの部屋に置くなら、なるべくコンパクトで場所を取らない掃除機がほしいところ。

「ハンディ型」か「スティック型」であれば邪魔になりません。

3-1.ハンディ型

ちょっとしたごみや食べこぼし、狭い隙間を掃除するのに便利なのが「ハンディタイプ」の掃除機です。

家の中はもちろん、車の中や職場のデスクなど、外へ持ち歩きやすいのもいいですね。

3-2.スティック型

コード無しでバッテリーが内蔵されているスティック型。

最近では軽量化と吸引力の両立が重視されています。「ちょっと使いたい時にさっと取り出せる」のもスティック型の強みです。

スティック型の中には、ノズルを取り外すことでハンディ型として使うことが可能なものもあります。

3-3.ロボット掃除機はアリ?

近年各メーカーから次々と登場しているロボット掃除機。新しい家電に敏感な方なら、やっぱり気になりますよね。

でも一人暮らしの面積では「ルンバ」や「RULO」のような大手メーカーから出ているメジャーどころはオーバースペック。

価格帯でいうと3万円前後で入手できるタイプのものが狙い目です。

ルンバ606 アイロボット ロボット掃除機 自働充電 ゴミ検知センサー 独自のクリーニングシステム ペットの毛 フローリング 畳にも R606060

詳しくはこちら

4.一人暮らしにおすすめの掃除機メーカーとおすすめ製品

4-1.ツインバード

コストパフォーマンスとデザイン性に優れた家電製品メーカー「ツインバード」。スティック型掃除機が2千円台から存在します! 

安いので勘違いされがちですが、実は日本のメーカーで、本社は「ものづくりのまち」新潟県燕市にあります。

4-1-1.ACハンディーサイクロンクリーナー HC-E243SBK

参考価格:2,672円

「コロコロやフロアモップは手間だから掃除機はほしいけど、高いのは買いたくない」という人にぴったりなのがこちら。三千円でおつりがきます。コンパクトに分解できるので場所もとりません。

コードの長さは5mあるためワンルームや1Kに住む一人暮らしならコンセント1箇所でも余裕で部屋中掃除できます。

詳しくはこちら

4-1-2.サイクロンスティック型クリーナーTC-E123SBK

参考価格:3,500円

安価ですが吸引力の強さ、軽さともに申し分ありません。4,5年経ってリピート購入するユーザー多数。

コレをサブ掃除機としていたはずが、使い勝手が良くていつのまにかメイン掃除機になっていた、という人も。

詳しくはこちら

4-1-3.コードレススティック型クリーナー TC-5109W

参考価格:7,930円

こちらはコードレスのスティック型掃除機。

スタンドに立てかけると充電開始されるので場所をとりません。スケルトンボディなのでごみがどのくらい溜まったか見やすいのもこの製品の良さです。

詳しくはこちら

4-2.マキタ

愛知県安城市で創業100年の歴史をもつ「マキタ」。電動工具や業務用掃除機が有名ですが、最近は家庭用のスティック型掃除機にも力を入れています。

4-2-1.CL105DWN

 

参考価格:12,100円

細いボディで邪魔にならないスティック型掃除機。

バッテリーの持ちも良好で、1日2-3分の使用なら充電しなくても1週間は持ちます。

詳しくはこちら

4-2-2.CLL107FDSHW

参考価格:14,049円

コードレス・スティック型掃除機。重量1.1kgなので手軽に使えます。

特にフローリングの部屋の掃除が得意。充電が高速なのもありがたいです。

詳しくはこちら

4-3.アイリスオーヤマ

家電製品からペット用品まで、幅広い製品を手がける「アイリスオーヤマ」。

低価格かつユーザー目線のモノづくりでファンも多いです。本社は宮城県仙台市にあります。

4-3-1.IC-SB1

 

参考価格:5,330円

重さ1.4kgのスティック型掃除機。

コードレスではありませんが、その分吸引力はパワフル!  価格が5,000円台なのも魅力的ですね。

詳しくはこちら

4-3-2.IC-SLDC4

 

参考価格:9,904円

一人暮らしの住宅にちょうどいいサイズ感と機能性のコードレス掃除機。

静音性にも優れているのもポイントです。

詳しくはこちら

4-3-3.極細軽量スティッククリーナー

参考価格:20,107円

スティックタイプのコードレス掃除機。

体感重量はわずか430gです。吸引力は従来の3倍、掃除機をかけながらほこりを吸着できる「静電モップ」もついており、メーカーのこだわりが詰まった製品です。

ちょっと値が張りますが、それに見合うだけの価値があります。

詳しくはこちら

5.一人暮らしで掃除機を活用するポイント

実際に掃除機を活用する上で、使う頻度や使い方について、最適な方法をおさえておきましょう。 一人暮らしの場合、掃除機を使いこなすポイントとしてはたったの2点です。

5-1.頻度は週1以上

「せっかく掃除機を買うんだから、毎日使わなきゃ」と思う人もいるかもしれませんが、そこまで気合を入れなくて大丈夫! 

昼間ほとんど外出、夜だけ家に帰るような生活スタイルであれば、掃除機を使うのは週1回で十分です。

「毎週●曜日は掃除機をかける」とルールを作っておけば習慣化しやすくなります。

5-2.部屋の入口から奥に向かってかける

一人暮らしの場合は部屋数も1部屋かせいぜい2部屋程度。

掃除機のかけ方としては「玄関側から部屋の奥に向かってかける」ことでホコリが舞いにくく、効率的に部屋をきれいにできます。

6.掃除機以外に必要な掃除グッズ

掃除機の他一人暮らしで用意しておきたい最低限の掃除グッズを紹介します。

6-1.カーペットなら粘着ローラー(コロコロ)

髪の毛や糸くずなどをささっと掃除するのに欠かせないのが、粘着ローラー(いわゆるコロコロ)。

電源を使わず掃除機よりも手軽で、気づいたときにすぐ使えます。テーブルの下などに1つ置いておくと便利です。

6-2.フローリングならフロアワイパー

フローリングの場合は、「クイックルワイパー」や「ウェーブ」のようなフロアワイパーと掃除機の併用がおすすめです。

フロアワイパーは室内にホコリが舞わない上、掃除機だと届かないスキマまでしっかり掃除できます。

6-3.台所用洗剤

食器用、トイレ用、お風呂用、と洗剤は用途別に販売されていますが、実際には台所用洗剤(食器用洗剤)1つでいずれの汚れも落とすことができるんです。

トイレ、お風呂、洗面台などの水回りは原液のまま、床や壁、キッチンなどの拭き掃除はスプレーボトルに水を入れて、そこに洗剤を数滴垂らしたものを使えば綺麗に汚れが落とせます。

6-4.スポンジ

台所、お風呂場、洗面台に1つずつ置いておくのがベストです。

毎日入浴するなら浴槽は毎日洗うのがベスト。流し台や洗面台についても最低でも週1回以上は、前述した台所用洗剤を活用して汚れを落としましょう。

6-5.トイレ用ブラシ

トイレはやっぱりトイレ専用のブラシで洗いたいですよね。スタンド付きで立てかけて置けるタイプのブラシを1本用意しておきましょう。

こちらも最低週1回以上は掃除したいところですね。

掃除機以外にはこの5つがあればほとんど賄えますが、「適材適所でそこにあった道具を活用したい!」という方にはこんな記事も用意しておりますので参考にしてください。

【完全版】これで完璧!一人暮らしのお掃除方法&便利ツール

7.まとめ

自分だけの空間、住み始めた時のきれいな状態をなるべく維持したいものです。

とはいっても、いくつも清掃用具を揃える必要はありません。掃除機、スポンジ、食器用洗剤など、汎用性の高い清掃用具を使いこなして快適な一人暮らしを送っていただければと思います。

掃除機以外の家電製品についてもまとめた記事がありますので、こちらもぜひ参考にしてくださいね。

【保存版】一人暮らしに必要な家電一覧と購入ガイド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

今すぐ部屋探しをしたい人へ!

「物件コンシェルジュ」というサービスを始めました。


まずは、下記のお問い合わせフォームからお問い合わせ下さい。

最短で、最適なお部屋探しをするためのパートナーを紹介します。



物件コンシェルジュについて詳しく見る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*