池袋の住みやすさ事情。アクセスは都内屈指!なんでも揃う池袋のすみやすさ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

池袋の住みやすさってどうなの?

水族館もある池袋のランドマーク「サンシャインシティ60」をはじめ、駅前には西武・東武デパートや家電量販店が並び、近年ではアニメショップが集まる「乙女ロード」なんかも有名。

東京を代表する繁華街のひとつです。

ですので、買い物や交通の利便性が高いのは当たり前なのですが、では実際に池袋で暮らすとしたら住み心地はどうなのか? 繁華街で暮らしたことのない人なら気になって当然です。

この記事では、交通アクセス、住環境、治安、家賃相場など、様々な観点から池袋の住みやすさ事情をお伝えいたします。ぜひ、参考にしてみてください!

1.池袋の魅力|すべての人に住みやすい街へ

池袋は、新宿や渋谷と並ぶ東京の三大副都心のひとつ。商業施設や飲食店も多くアクセスも良いため、非常に便利で通勤通学にもおすすめの街です。

1-1.池袋ですべてが揃う

駅前には24時間営業のスーパーやドン・キホーテがあり、普段の買い物場所に困ることもありません。そして西武や東武などの百貨店も立ち並び、ちょっとした買い物から、大きな買い物まですべてを池袋で済ませることができます。

飲食店も多く、チェーン店から個人経営まで、さまざまなジャンルの料理を楽しむことができます。1000円以下のランチメニューを出しているお店も多くあり、大学生や一人暮らしの人のお財布に優しいのもおすすめのポイントです。

1-2.待機児童ゼロ!働くママに優しい街へ

池袋のある豊島区は女性に住みやすい街づくりを目指していて、子育て支援にも力を入れています。近年待機児童が社会問題になっていますが、豊島区の待機児童は2017年にはゼロになりました。その後も、認可保育所の増設を進めるなど、子育て世代を増やす試みが行われています。

サンシャインシティや水族館など商業施設や娯楽施設も多いため、お出かけ場所には事欠きません。子連れのお出かけでも授乳スペースや休憩場所をいちいち探し回ることもなく楽しむことができます。

また、目白庭園や南池袋公園など綺麗に整備された子供の遊び場もあり、子供との休日を過ごす環境が整っている街と言えます。

2.交通アクセス|池袋、新宿、渋谷、上野、東京、品川へ直通

池袋の魅力はなんといっても電車でのアクセスが良いということです。

池袋には、JR山手線を始めとした8路線が通っています。渋谷、新宿、上野など都心へは乗り換えなしで行くことができるため、通勤通学には非常に便利です。

また、大宮・横浜にも直通で行けるため、都心だけでなくちょっとした遠出の際にも非常に便利です。

池袋からの所要時間

新宿

7分

渋谷

12分

東京

16分

横浜

35分

大宮

26分

終電時間

新宿

1:00

渋谷

0:52

東京

0:37

池袋は電車だけでなく高速バスも充実しています。池袋駅から徒歩15分程にある池袋サンシャインバスターミナルがあり、成田・羽田空港行きや大阪、名古屋、新潟、仙台など各地方へのバスが運行しています。

池袋は都心だけでなく、地方へ旅行や帰省する際にも利便性の高い街だと言えます。

3.住環境|スーパーや百貨店が充実

池袋では食料品をはじめ、衣料品や家電雑貨など、なんでも揃えられるショッピング事情が魅力です。

3-1.買い物場所

駅前には24時間営業のスーパーがあるため、帰りが遅くなった人でも時間を気にすることなくゆっくりと買い物することができます。

  • 西友サンシャイン 西友店 24時間営業

池袋駅から徒歩10分

https://www.seiyu.co.jp/shop/%E8%A5%BF%E5%8F%8B%E3%82%B5%E3%83%B3%E3%82%B7%E3%83%A3%E3%82%A4%E3%83%B3%E8%A5%BF%E5%8F%8B%E5%BA%97/

  • 肉のハナマサ 池袋店  24時間営業

池袋駅 西部南口から徒歩6分

http://www.hanamasa.co.jp/shop/tokyo/ikebukuro.html

また、「西武百貨店」「東武百貨店」「ルミネ」「パルコ」「マルイ」「サンシャインシティ」といった商業施設が駅の近くに揃っています。ファストファッションだけでなく、流行の服や雑貨の買い物でも困ることがありません。

食事の支度が面倒なときはデパ地下で惣菜を買って帰ることもできるので忙しいママや仕事でお疲れの人の強い味方です。

3-2.学校・病院

池袋には区立の小学校と中学校があります。ファミリーで住んでいる場合でも、家の近くに学校があるのは安心ですね。

豊島区立池袋小学校の周辺は静かな雰囲気で駅前のような賑やかさはありません。

また、池袋に住む場合に気になるのが病院です。小さい子供がいる場合や一人暮らしをしている場合は、家のすぐ近くに病院があるととても便利です。

池袋には総合病院があるので、もしもの時は安心して受診することができます。

  • 関野病院 平日土曜 9時~17時 日曜 9時~12時

「池袋駅」西口 C-6番出口より 徒歩10分

http://www.sekino-hospital.com/access/index.html

3-3.銀行・郵便局

池袋には、三菱UFJ、みずほ、三井住友、新生銀行など主要銀行の窓口があります。駅の出口ごとに支店がある銀行もあるので非常に便利です。

郵便局も、駅付近や街中に点在しているため、すぐに近くの支店を探すことができます。

生活するうえで欠かせないこの二つが近くにあるのは嬉しいポイントです。

4.家賃相場|コストパフォーマンスは良い

池袋の家賃相場は1K8.89万円、1LDK15.34万円となっており、付近のエリアより若干高い金額です。ただし、アクセスの良さを考えるとこの家賃相場はコスパが良いと考えていいでしょう。

池袋で部屋を安く借りるには、西口側北口側の歓楽街を抜けたあたりのエリアで探す、築年数の経った物件を探す、くらいでしょうか。

5.池袋の治安|夜の繁華街はキャッチに注意

池袋はアクセスの良さに加え、商業施設があるため、人通りが多く賑やかな雰囲気です。特に池袋駅の北口西口方面は繁華街やラブホテルが並び、夜はキャッチやナンパも多く女性の一人歩きは避けたほうが良さそうです。

また、北口はチャイニーズタウンと呼ばれ、中国人を始めとしたアジア人が多くいる場所です。文化の違いや比較的治安が悪いということを覚えておいたほういが良いでしょう。

しかし、歩いていて危険に遭遇しやすいというほどではありません。昼間は逆に静かな雰囲気の印象です。

まとめ

池袋は、買い物や遊び、そして暮らしに必要なものがすべて揃う街です。交通の便も良く、通勤や通学に困ることもありません。子育て支援や環境整備も進んでいることから、一人暮らしかたファミリーまで幅広い世代が住みやすい街になっています。

人が多く出入りし、広い街なので、エリアによっては雰囲気が全く違うというのも池袋の特徴です。周辺の環境を確認し、暮らしに合った場所選びをすることが大切です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

今すぐ部屋探しをしたい人へ!

「物件コンシェルジュ」というサービスを始めました。


まずは、下記のお問い合わせフォームからお問い合わせ下さい。

最短で、最適なお部屋探しをするためのパートナーを紹介します。



物件コンシェルジュについて詳しく見る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*