JR中央線の住みやすさ・オススメ5駅|住みたい街上位の駅と穴場の駅を一挙紹介!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

新宿、中野、高円寺に吉祥寺などなど。 不動産会社が毎年実施している「住みたい街ランキング」で、JR中央線は多くの駅がランキングに入っています。

「上京したらやっぱり憧れの街で暮らしたいよね」と思ってはいるものの、中央線沿線でのリアルな生活事情は把握しておきたいですよね。

そこで高円寺暮らし2年、中野(と東中野の中間)暮らし10年、JR中野駅北口ロータリーにある立ち食い蕎麦屋が常食の東京アパート編集部スタッフが、JR中央線の住みやすさ事情をリサーチしました。

1.中央線沿いに住む魅力|「住みたい」の声多数!一人暮らしに優しい沿線

1-1.住みたい街ランキング上位が多数

住みたい街ランキングで長年1位を保持してきた吉祥寺をはじめ、中央線沿いにはブランド力の高い街がたくさんあります。

特に近年は「立川」や「三鷹」なども順位を上げており、中央線人気は衰えることがありません。地方出身者でも知っているような地名がずらりと並んだ中央線沿い。誰もが一度は住んでみたいと思う路線です。

1-2.駅前・駅ナカが充実

中央線沿いの駅は他の路線よりも栄えています。

「駅前になにもなくがらんとしている」という駅はかなり少数。駅ナカ・駅チカの大きな商業施設があったり、駅前ににぎやかな商店街があったりするので、駅前で用事が済んでしまう生活を実現できます。

1-3.飲食店が多く一人暮らしに優しい

中央線沿線エリアは、若者が一人暮らしをするエリアとして長年発展してきた歴史を持っています。

その分、値段的にも雰囲気的にも一人暮らしの人が気軽に入れる飲食店なども多くあるため、外食派の人なら毎日違ったお店を楽しめるでしょう。

2.中央線の電車事情

2-1.終電が遅くまである

中央線は終電時間がかなり遅いことでも有名です。

最終の東京発三鷹行きが出るのが24時35分、三鷹駅には25時21分に到着します。日付が変わってもなお東京や新宿で遊んでいられる、かなりレアな路線ではないでしょうか。

2-2.新宿・東京に短時間で行ける

中央線の中でも、都心へのアクセスを便利にするのが「中央特快」の存在です。

通勤時間帯以外で毎時4本運行しており、今回紹介する駅でいうと、中野と三鷹に停車します。三鷹駅の場合なら、中央特快を使えば13分で新宿に到着します。

2-3.遅延の回数は多め

平日20日間あたりの遅延証明書発行日数を路線ごとに国土交通省がまとめたデータによると、中央線は20日間中18.8日という結果に。

中央線上のどこかでほぼ毎日5分以上の遅延が起きていると考えたほうがいいかもしれません。なるべく時間に余裕を持って通勤・通学することをおすすめします。

参考:https://www.mlit.go.jp/common/001269352.pdf

2-4.通勤の混雑率は高い

住むのに便利な中央線。ただし通勤時の混雑率がかなり高いことでも有名です。

最新の調査で発表された中央線の混雑率は182%。目安としては「折りたたむなど無理をすれば新聞を読める」状態です(国土交通省資料より)。

ただし、中野駅や三鷹駅など、当駅始発の電車が通勤時間帯に何本か用意されている駅もあります。座って通勤したい場合は当駅始発の電車がある駅を選ぶのが得策です。

参考:https://www.mlit.go.jp/report/press/tetsudo04_hh_000077.html

3.中央線で人気&オススメの駅4つ

3-1.吉祥寺(住みたい街ランキング第3位) 地方の人も知っている「住みたい街の鉄板」吉祥寺。駅前の充実ぶりには平日休日問わず沢山の人が詰めかけます。

都心に出なくても用事が済んでしまうけれど、一応新宿にも渋谷にも行きやすい、一粒で二度美味しい街です。

3-1-1.家賃相場

1人暮らし向け(ワンルーム・1K・1DK)で8.52万円(※2019年11月時点・駅から徒歩10分以内の物件)

参考:https://www.homes.co.jp/chintai/tokyo/chuo-line/price/

住みたい街ランキングで長年上位にランクインし続けている吉祥寺。そのブランド力もあって家賃相場は高め。吉祥寺よりも5駅都心に近い中野駅(8.1万円)をさらに上回る家賃相場です。

3-1-2.住環境

駅前にはパルコや百貨店、サンロード商店街など、とにかく買い物に困らないのが吉祥寺最大の魅力。新宿や渋谷まで出ずとも大方の用事は済んでしまいます。

日常生活で言えば、スーパーも駅から徒歩5分圏内に数軒。とくに南口の「ライフ」は深夜1時過ぎまで営業しているため便利です。

ちなみに井の頭公園も駅から歩いて5分。買い物に便利で、自然も豊かなバランスのとれた街なんです。

3-1-3.都心へのアクセス

新宿までは14分、東京まで28分で到着します。近すぎず遠すぎない丁度いい距離感です。また、中央線だけでなく京王井の頭線も利用できるのが吉祥寺の強み。

京王井の頭線を使えば乗り換えなし16分で渋谷に行くことができます。

3-1-4.治安

連日多くの人が買い物に訪れる吉祥寺。治安は良いとは言えません。特に駅の北口はあまり治安が良くないといわれています。夜間はなるべく人通りの多い道を選んで歩くようにしてください。

3-2.中野(住みたい街ランキング第14位)

東京メトロ東西線の始発駅でもある中野駅。混雑率の高さで有名な東西線を座って利用できます。また、JR総武線でいえば、中野駅始発の上り線・中野駅止まりの下り線があるのも大きなメリットです。

3-2-1.家賃相場

1人暮らし向け(ワンルーム・1K・1DK)で8.1万円(※2019年11月時点・駅から徒歩10分以内の物件) 新宿まで快速で1駅、5分のところに位置しながら、家賃相場がそこまで高くない中野エリア。

駅周辺の飲食店、商業施設の充実っぷりから考えてもかなりお買い得です。

参考:https://www.homes.co.jp/chintai/tokyo/chuo-line/price/

3-2-2.住環境

飲食店はラーメン屋、定食屋などリーズナブルなお店がたくさん並んでいます。特に駅の北口側は一人でも入りやすいお店が多いです。

スーパーも駅から徒歩5分圏内に「ライフ」「西友」「イトーヨーカドー」「ピーコックストア」などの大手が乱立。

中野通りにはドン・キホーテやイトーヨーカドー、駅の反対側(南口)にはホームセンター島忠や百貨店マルイもあり、買い物には困りません。

3-2-3.都心へのアクセス

中野駅は中央線の快速・特快どちらも停車する駅です。新宿駅へは5分(1駅)、東京駅へは19分(5駅)で到着します。

各停の場合でも新宿まで7分(3駅)で到着。また、東京メトロ東西線の始発駅としても利便性が高いのが特徴です。東西線は一部の列車が三鷹始発ですが、朝の通勤時間帯においてはほとんどが中野始発です。

3-2-4.治安

中野駅北口側(中野サンモール商店街、中野ブロードウェイが位置するエリア)は特に犯罪が多く発生しています。週末は泥酔客同士のトラブルなども起きやすいため、巻き込まれないよう十分注意してください。

住むのにおすすめは駅の南側。住所でいうと中野1丁目2丁目、中央4丁目などは比較的落ち着いています。 中野の住みやすさについてまとめた記事もご覧ください。

3-3.三鷹(住みたい街ランキング第16位)

三鷹といえば「三鷹の森ジブリ美術館」を思いつく方も多いかもしれません。

井の頭公園も近くにあるため、自然豊かなイメージが先行しがちですが、実際には駅前に買い物スポットがたくさんある、とても住みやすい街なんです。

3-3-1.家賃相場

1人暮らし向け(ワンルーム・1K・1DK)で7.4万円(※2019年11月時点・駅から徒歩10分以内の物件)

参考:https://www.homes.co.jp/chintai/tokyo/chuo-line/price/

吉祥寺(家賃相場8.52万円)から一駅隣なだけで、1万円安くなるのはある意味お買い得。住む場所によっては三鷹と吉祥寺両方徒歩圏内も可能です。

3-3-2.住環境

駅ナカ施設「アトレヴィ三鷹」は、スーパー、ドラッグストア、ベーカリー、カフェ(タリーズ、スターバックス)、書店フロア、レストランフロアと盛りだくさん。ちょっとした買い物は駅ナカで済ませられます。

また、駅から徒歩5分以内の場所で10軒以上のスーパーがあります。北側は比較的品質重視で物価高め、南側は安さで有名な「オオゼキ」をはじめ、物価安めなスーパーが並んでいるため、家選びの際もどちらのタイプのスーパーが良いかを視野にいれることをおすすめします。

3-3-3.都心へのアクセス

中央線快速なら新宿まで18分、東京まで29分で到着します。さらに三鷹は中央特快の停車駅でもあり、こちらを利用すると13分で新宿に到着します。

さらに三鷹はJR総武線の始発駅でもある上、東京メトロ東西線の一部の列車は三鷹駅始発ですので、こちらも便利です。 3-3-4.治安 もともと長く住んでいる人が多く、治安の良さは住民お墨付き。

それだけでなく、三鷹は子育て世代にも人気の街。地域や学校をあげての防犯パトロールなどにも力を入れています。

3-4.荻窪(住みたい街ランキング第29位)

都心に近い場所にありながらも落ち着いた雰囲気がある荻窪。善福寺公園や太田黒公園などの公演や緑地も多く、都会と自然、両方を味わえるエリアです。

3-4-1.家賃相場

1人暮らし向け(ワンルーム・1K・1DK)で8.08万円(※2019年11月時点・駅から徒歩10分以内の物件) 東京メトロ丸ノ内線の始発駅でもある荻窪は、中央線ユーザー、丸ノ内線ユーザー両方に人気のある街。

そのため、荻窪より東京寄りの阿佐ヶ谷や高円寺と比べて家賃相場は高めになっています。

参考:https://www.homes.co.jp/chintai/tokyo/chuo-line/price/

3-4-2.住環境

荻窪駅周辺のスーパーは24時間営業の「西友」をはじめ、夜遅くまで営業している店が多く、帰宅時間の遅い日でも買い物をしてから帰ることが可能です。

また、駅前にはドン・キホーテや商店街、ルミネがあるため、食料品から衣料品まで一通りそろえることができ非常に便利です。

3-4-3.都心へのアクセス

荻窪はJR中央線、東京メトロ丸の内線が通っています。新宿へは11分、東京へは24分で到着します。丸の内線を使う場合は、荻窪が始発駅のため朝のラッシュ時でも座ることができます。

3-4-4.治安

犯罪件数はそれほど多くはなく、特別治安が悪いということはありません。

ただし荻窪駅の北口側はキャバクラが数店舗ありキャッチがいることも。近くを通行する際は注意が必要です。 荻窪の住みやすさについてまとめた記事もご覧ください。

4.中央線沿いの穴場!安く住みたいなら「阿佐ヶ谷」

一人暮らしの若者はもちろん、ファミリー層、中高年、高齢者と幅広い層に人気なのが「阿佐ヶ谷」。

「一度阿佐ヶ谷に住み始めたら、一生住みたくなる」と言われるくらい、暮らしやすい街です。

4-1.家賃相場

1人暮らし向け(ワンルーム・1K・1DK)で7.52万円(※2019年11月時点・駅から徒歩10分以内の物件)

参考:https://www.homes.co.jp/chintai/tokyo/chuo-line/price/

同じ中央線沿いの近隣の中野や高円寺、荻窪ほど有名な駅ではないせいか、家賃相場は安め。ワンルームなら駅から徒歩10分圏内で~7万円に収まる物件も多いです。

4-2.住環境

阿佐ヶ谷駅の北側に出てすぐの場所に「イトーヨーカドー食品館」「西友」があり、どちらも大型店。食品や日用品の買い物はこの2か所で済みます。

駅の南側はアーケード商店街「阿佐谷パールセンター」があり、スーパー、飲食店、ドラッグストアなどが並んでいます。駅の北側、南側どちらも大体のものがそろいます。

4-3.都心へのアクセス

阿佐ヶ谷駅は平日は快速停車駅、休日は総武線の各駅停車駅です。平日は中央線快速で新宿まで8分、東京へは22分で到着します。

ちなみに阿佐ヶ谷駅から徒歩8分の距離(杉並区役所からすぐ)には、東京メトロ丸ノ内線「南阿佐ヶ谷駅」も。南阿佐ヶ谷駅を活用すれば新宿三丁目、四谷、銀座などの駅に乗り換えなしで行くことができます。

4-4.治安

阿佐ヶ谷は中央線沿線の中でも非常に治安が良いエリアですが、駅前から少し外れると細い道が多くなります。夜間の女性の一人歩きには注意してください。

阿佐ヶ谷の住みやすさについてまとめた記事もご覧ください。

5.まとめ

中央線は各駅にお店が豊富にあり、一人暮らしには最適なエリア。しかし家賃相場が全体的に高めです。

都内西部から新宿方面に出やすいエリアで考えるなら京王線や西武新宿線、新宿だけでなく東京駅も通る路線で言えば東京メトロ丸ノ内線もおすすめです。

この記事を参考に、ぜひ自分に合ったまちを見つけて下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

今すぐ部屋探しをしたい人へ!

「物件コンシェルジュ」というサービスを始めました。


まずは、下記のお問い合わせフォームからお問い合わせ下さい。

最短で、最適なお部屋探しをするためのパートナーを紹介します。



物件コンシェルジュについて詳しく見る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*