阿佐ヶ谷の住みやすさを徹底調査!雰囲気もコスパも良くて一生住みたくなる街! 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

阿佐ヶ谷の住みやすさってどうなの?

中央線沿線で新宿になるべく近い駅を探している方は「荻窪」「阿佐ヶ谷」「高円寺」「中野」あたりで迷っていませんか?

これら4エリアの中で、若者~中高年、高齢者と幅広い層に人気なのが「阿佐ヶ谷」。「一度阿佐ヶ谷に住み始めたら、一生住みたくなる」と言われるくらい、暮らしやすい街なんです。

この記事では、阿佐ヶ谷の魅力や利便性、治安、家賃相場などを中心に、阿佐ヶ谷の住みやすさを徹底紹介します!

1.阿佐ヶ谷の魅力|新宿まで8分!治安良好!バランスのいい街

1-1.とにかく落ち着きがある

「落ち着いている」「レトロで文化的」というイメージを持たれやすい阿佐ヶ谷。ケヤキの並木が杉並区役所から阿佐谷北エリアまで続く「中杉通り(なかすぎどおり)」や、小劇場の多さ、阿佐ヶ谷駅前にそびえ立つレトロな入口が印象的な「パールセンター(アーケード商店街)」のインパクトが強いからかもしれません。

おしゃれなカフェや個性的な雑貨屋さんが多いのも阿佐ヶ谷の特徴。こじんまりとした落ち着きのある空間でのんびりお茶したり、お気に入りの雑貨を見つけたり、といった楽しみ方ができるので、女性は特に楽しめる環境です。

1-2.イベントで地域の一体感を味わえる

阿佐ヶ谷の二大イベントといえば「七夕まつり」と「ジャズストリート」。

1953年にはじまり、毎年8月に開催される「阿佐谷七夕まつり」は、パールセンター商店街を中心に、各商店街で作られた巨大ハリボテが飾られ、商店街各店による露店が並び、毎年80万人もの人出があります。

「阿佐谷ジャズストリート」は1995年にスタート。毎年10月末に2日間開催され、駅前広場、学校の体育館、教会、神社、喫茶店、レストランなど、至る所でジャズ演奏が繰り広げられます。地域のボランティアによって運営されている、手作りのイベントです。

ちなみに2014年から、JR阿佐ヶ谷駅の発車メロディは「たなばたさま・ジャズ風アレンジ」になっています。

1-3.杉並区の中枢施設が集まっている

阿佐ヶ谷は杉並区役所や杉並警察署など、区の公的施設が揃ったエリア。実際に治安も非常に良い地域なので、初めて一人暮らしをする女性や、小さいお子さんがいるファミリー世帯も安心して生活できます。

2.交通アクセス|新宿まで8分、東京まで22分

阿佐ヶ谷駅は平日は快速停車駅、休日は総武線の各駅停車駅となっています。平日なら中央線快速で新宿まで8分、東京まで22分で行くことができます。

また、阿佐ヶ谷駅から南に徒歩8分の距離(杉並区役所からすぐ)には、東京メトロ丸ノ内線「南阿佐ヶ谷駅」もあります。こちらも活用すれば新宿三丁目、四谷、銀座などの駅に乗り換えなしで行くことができます。

3.住環境|大型スーパーと商店街でいつでも買い物できる

3-1.北側:西友とイトーヨーカドー

阿佐ヶ谷駅の北側に出てすぐの場所に「イトーヨーカドー食品館」「西友」があり、どちらも大型店。食品や日用品の買い物はこの2か所で済みます。特に西友は24時間営業なので、帰りが遅くなった日の買い物におすすめです。

3-2.南側:商店街で楽しく買い物

南側はアーケード商店街「阿佐谷パールセンター」で大体のものが揃います。ピーコック、ピアゴなどのスーパー、精肉店、お菓子屋さん、パン屋さん、定食屋さんなど、自炊派にも外食派にもありがたいお店が並んでいます。

3-3.子育て世代に最適なエリア

ファミリー層が多く住む阿佐ヶ谷。杉並区が待機児童問題に力を入れており、保育園が次々と増えています。駅の北側と南側それぞれに児童館があったり、公園も多かったりと、子育て世代に嬉しい環境が整っています。

4.家賃相場|コストパフォーマンスは良好

4-1.一人暮らしなら7万5千円

阿佐ヶ谷駅の一人暮らし物件の相場は7万5千円です(阿佐ケ谷駅徒歩10分以内の1R、1K、1DK)。一駅西の荻窪エリアは8万円、一駅東(都心寄り)の高円寺は7万8千円。近隣エリアに比べると若干相場が安くなっています。

参考:https://www.homes.co.jp/chintai/tokyo/chuo-line/price/

なお、交通アクセスを重要視するのであれば、住所は「阿佐ヶ谷南」がおすすめです。中央線の阿佐ヶ谷駅とと東京メトロ丸ノ内線の南阿佐ケ谷駅、どちらも徒歩10分圏内の物件を狙うことができます。

4-2.安く住むならワンルーム築浅物件

2016年頃から阿佐ヶ谷エリアで急増しているのが一人暮らし向けワンルーム物件。家賃は5万円台後半~7万円まで抑えることができます。

各部屋の専有面積は9平米~11平米とかなり狭いものの、ウォシュレット付きトイレ、シャワー、キッチン、洗濯機置き場があるため、「帰って寝るだけの拠点」と割り切れる人にはぴったりです。

5.阿佐ヶ谷の治安|駅の南側はスリ・空き巣に注意

阿佐ヶ谷の治安は中央線沿線の中でも非常に良いと言われています。中央線の終電が1時台ということもあり、駅周辺は遅い時間でも人通りがあります。

しかし駅前から少し外れると細い道が多くなるため、夜間の女性や子供の一人歩きには警戒する必要があります。

また、阿佐ヶ谷駅南口側は空き巣やスリなどが起きやすいため、荷物の持ち方や外出時の戸締りなど、防犯を心がけてください。

参考:犯罪情報マップ|杉並区公式ホームページ

6.高円寺との比較

阿佐ヶ谷とよく比較対象になるのが高円寺。この2つはJR中央線の隣同士で、東京メトロ丸ノ内線でも「南阿佐ケ谷駅」「新高円寺駅」「東高円寺駅」と3駅並んでおり、都心までのアクセスという点ではほぼ互角。

駅前の商店街の充実度や家賃相場も似ていますし、治安の良さもピカイチ。

2つのエリアで迷うケースも多いのですが「落ち着いて暮らしたい人は阿佐ヶ谷」「若者文化の中で過ごしたい人は高円寺」とも言われています。

違いがはっきり出るのは夜の街の様子。高円寺は居酒屋も多くガヤガヤしているのに対し、阿佐ヶ谷は駅前でもそんなに騒がしくないので、静かに過ごしたい人にはおすすめです。

7.まとめ

中央線沿線の中でも落ち着いていてファミリー層が多く暮らす阿佐ヶ谷。イベントも盛んで、個人経営の店も多く、長く住めば住むほど離れられなくなる魅力溢れる街です。

新宿や東京に勤務先がある社会人の方、地方から出てきて初めて一人暮らしをする学生の方はぜひ阿佐ヶ谷での新生活を考えてみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

今すぐ部屋探しをしたい人へ!

「物件コンシェルジュ」というサービスを始めました。


まずは、下記のお問い合わせフォームからお問い合わせ下さい。

最短で、最適なお部屋探しをするためのパートナーを紹介します。



物件コンシェルジュについて詳しく見る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*